PPDGen : 疑似個人情報ジェネレータ

PPDGen PPDGen:疑似個人情報ジェネレータは、テストデータ生成・管理ツールです。 本物の個人情報にそっくりな架空の個人情報『疑似個人情報』を生成するだけでなく、 実際の個人情報(本番データ)を読み込んで、住所や氏名を置き換え、安全なデータに変換することもできます。 無料でお試しいただけます。

今すぐ無料でお試し下さい!

疑似個人情報の例
疑似個人情報の例
疑似個人情報とは、本物そっくりながら架空の個人情報です。 姓名、住所、電話番号、生年月日、銀行口座番号、クレジットカード番号などの項目があります。 システム開発において、本物の個人情報をテストに使うと、個人情報が漏洩する危険性があります。 特に、Winnyなどのファイル共有ソフトによる漏洩は、システム開発を受託した開発会社の社員が テストデータを自宅に持ち帰ることで多く発生しています。 本物の個人情報の代わりに、疑似個人情報をテストデータとして使っていれば、 万が一漏洩したとしても、問題となることはありません。 Winnyによる個人情報の漏洩は、疑似個人情報によって防ぐことができるのです

また、個人情報の取り扱いが簡易になる分、管理コストが不要になるだけでなく、テストの実行効率も向上します。

>> 疑似個人情報について詳しく見る

PPDGenの画面
PPDGenの画面
PPDGenは、直感的で分かりやすいGUIで、疑似個人情報を簡単に生成できるように作られています。 バリエーションの豊富なテストデータを手作業で作成すると、多大なコストが必要となりますが、 PPDGenでは数分の操作で生成することができ、システム開発のコスト削減に寄与します。

さらに、バリエーション豊富で質の高いテストデータは、性能検査(パフォーマンステスト)で実データと同様の結果が得られます。 コピー&ペーストで作成したテストデータを使ったために、本稼働時にパフォーマンス問題が明るみに出る、といった失敗を未然に防ぐことができるのです。

PPDGenは、コストパフォーマンスバリエーション操作性の3つの特徴で、システム開発を強力にサポートします。

>> PPDGenの特徴について詳しく見る

無料体験版ダウンロード

今すぐ無料でお試しください!
期間無制限で、いつまででもご利用いただけます!

今すぐダウンロード!

ライセンスご購入はこちら

こちらからご購入いただけます。

アップデート情報

アップデート情報

製品版体験キャンペーン

報道機関様向け/ブログオーナー様向けに、無料・無条件の製品版体験キャンペーンを実施中!

>> 詳しくはこちら!