トップページ > PPDGenの特徴 > 圧倒的な操作性

3. 圧倒的な操作性

PPDGen:疑似個人情報ジェネレータは、操作性を追求するため、ユーザビリティ試験を繰り返し実施しています。 直感的で分かりやすいGUIを備え、少ない操作数で目的の疑似個人情報を生成できるようになっています。

例えば、「姓」「名」「郵便番号」「住所」「電話番号」という 5項目の疑似個人情報を生成するのに必要なマウス操作は、わずかに17クリックです。

また、PPDGenでは、疑似個人情報の雛形(テンプレート)を編集する画面と、 データベース・テーブル定義書が、1対1に対応しています。 そのため、テーブル定義に仕様変更が発生した場合でも、 テストデータの修正を直感的に行うことができ、仕様変更コストを圧縮することができます。

テーブル定義書と1対1に対応 テーブル定義書と1対1に対応

さらに、PPDGenは、データをSQL文として出力することができます。 テーブル定義書と1対1に対応したSQL文を出力することで、 テストデータの生成からテストの実行まで、さらに容易に行うことができます。

無料体験版ダウンロード

今すぐ無料でお試しください!
期間無制限で、いつまででもご利用いただけます!

今すぐダウンロード!

ライセンスご購入はこちら

こちらからご購入いただけます。

アップデート情報

アップデート情報

製品版体験キャンペーン

報道機関様向け/ブログオーナー様向けに、無料・無条件の製品版体験キャンペーンを実施中!

>> 詳しくはこちら!